私が好きな言葉 Win Win と Give & Take

クズの心境

はい。

 

楽しい話したいにも関わらず、またまたゲスい記事になりそうな予感がします。

 

もうねタイトル通りなんですよ。

 

互いにWin Win。

 

楽しければいいではないか。

 

そう思うのですよ。

 

多分わたし承認欲求も強いと思います。

(自分が認めた人、受け入れた人には構ってほしい。まぁ、それ以外の人は本気でどうでもいい)

 

人との繋がりというのを嫌うといいますか、少ない人数に対してより強く思っていきたいのですよ私は。

 

沢山の人と触れ合うより、少ない人と触れ合い、より濃厚な時間、話をしていき、互いをもっと強く意識しあいたいのですよ。

 

多分根っからの寂しがりやなんだと思う。

 

強がって一人が好きというけど、自分が構われないときが辛いんだと思う。

 

その辛さよりは、一人でいるほうが本当に楽。

 

嬉しさより、悲しみを大きく捉える人間なんよ。

 

だからこそ、自分が認めた人間には言いたい。

 

互いにWin Winでいようね。

 

もしそれを私ができていないなら言っておくれ。

 

私は、互いにWin Winでいたいのや!

 

辛いとき、悲しいとき時とかはできていなと思う。

また、人として腐ったときにはそれを考え切れていないことに反省。

 

それと別に、昔知り合った子がよく言ってた。

 

人間は互いに大事にできる、大切に思える、楽しく思えるのはGive & Takeが大事なんよと。

 

それ、本当に思う。

 

これまたゲスいこというが、男と女の関係でもそうやん。

 

男だけ逝ってもだめや。

 

女に対しても頑張らなきゃ。

 

それが目に見えたり、感じられたら素敵よね。

 

私も本当はそうでありたい。常に。

 

頑張りたい!頑張らせてほしい!

 

けど、伝わらない。

かなわないことだってあるからね。

 

ただね、この2つは私は常に心の中で言い聞かせている。

友人にも職場の人にも。(認めた人にだけ)

 

自分さえよければいい!

 

よりは、

 

他人を幸せに(利他の心)ともよく言うけど。

 

私はその考えは違う。

 

互いに!もちつもたれつつ。

 

互いに楽しめればそれでいいんや。

 

努力もそう、悲しいときもそう、嬉しいときもそう、

 

友人同士もそう、職場関係もそう、男と女もそう。

 

互いに強く楽しめればいいやん!

 

だから、私はこのblogをとおして伝えていく。

 

だから、あなたも私に飛び込んできて。

 

そして互いに切磋琢磨してともに笑いましょう!

 

いつでも頼ってほしい、言ってきてほしい。

 

私ができる範囲ではしっかり答えて見せましょう。

 

多くなったら無理や。

 

応えきれない。

 

しかし、今は見ているあなたにだから応えましょう。

 

いつでもコメントどうぞどうぞ。

 

すみません。

 

話が雑になったが、また今度まとめます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント