スロットにはまった経緯

スロット

こんばんはkenaです。

 

飽きやすい私が、なぜスロットにこんなにはまってしまったのかということを、記事にするため思い出してみました。

 

始めは学生の頃のゲームセンターでの出来事でした。

 

適当にぶらぶらゲームセンター内を歩いているとスロットコーナーで、上のリールが「大当たり」で止まっているのを発見。

 

「大花火」です。

 

完全攻略で機械割が、

 

設定1で100.66%

 

設定6に関しては140.33%

 

まぁ、そんな機械割なんてのは、当時は知りませんでしたけどね。

 

そのボーナス確定の台を店員さんが、

 

「やっていいよ~」

 

隣で親切に教えてもらいながら打ちました。

 

やっていて「楽しい」と思うようになり、そこから色々な機種を打ち始めました。

 

・爆釣

・ハードボイルド

・ドンちゃん

・ネオプラネット←個人的に1番好きだった

・サラリーマン金太郎

・天下布武

 

などなど。

 

コンビニで雑誌を見て、台の情報や、打ち方、リーチ目を覚えたりしてやっていました。

 

(当時はネット検索などほとんどない時代でした)

 

まぁ、この段階までは学生だったのでパチ屋へ行くことはなかったです。完全にメダルゲームの遊びでした。

 

高校3年生になったある日、友人よりメールが。

 

友:「パチ屋のグランドオープンがあるらしいけど行ってみる?」

 

と、連絡がありました。学生だったので持ち合わせなんてほとんどありません。

 

しかも普段は100円を入れて50クレジットで遊んでいるので感覚的には10倍の遊びです。

 

私:「そんなお金ないよ」

 

と、一度は断りましたが、

 

友:「グランドオープンは相当でるらしいよ!1万円あればいけるっしょ」

 

てきな返信が。

 

まぁ、それくらいならどうにか頑張れば都合がつくわなと考え。パチ屋デビューを果たしました。

 

学校も休んでいきました。

 

1万円負けたらどうしようかな。怖いよ。と思い、1000円をメダル50枚に変え、打ち始めました。

 

結果は。。。

 

23万勝ち。

 

適当に座れば、なんでも当たる。

島娘。北斗の拳。キングパルサー。

 

当たっては席を移動し、当たるの繰り返し。

 

凄ぇーーーーーーーーーーー!

 

当時は設定とか何も考えていません。適当にやれば当たるのだろうと考えやっていました。

 

誘ってくれた友人も8万くらい勝って、二人とも大勝で終わることができました。

 

そのあとは、またパチ屋へは行かず、普段の生活を豪華に楽しんでいました。

 

高校生なので、弁当が豪華になったり、通学でタクシーを使ったり、遊びに行ったらお金を出してあげたりと。可愛い贅沢をしていました。

 

多分この頃から金銭感覚がおかしくなったと思います。

 

そこから月日は流れ、今度はクリスマス前の12月でした。

 

例の友人より、

 

友:「グランドオープンがあるらしいがまた行かね?」

 

クリスマス前で彼女とご飯食べたり、プレゼント買おうとしたお金が15000円。

 

そのお金は使えない。行かないと伝えました。

 

友:「1万円あれば勝てるっしょ、負けたら貸すよ」

 

この悪魔め(笑)

 

友:「勝てばいいんだよ、勝てば」

 

私:「行きましょう」

 

このような流れで、学校を休み2度目のパチ屋へ。

 

その時は友人と北斗の拳に並びで座りました。

 

結果は、私7万勝ち。友人13万勝ち。

 

帰りに二人で笑顔でそば食べて帰ったと覚えています。

 

グランドオープンは勝てる。当時はそう確信したあほな高校生でした。

 

ただ、そこからは今まで生活がすこしリッチになっただけで、無駄遣いをしながら勝ったお金を消費。

結果1万円とかいう大金を簡単に用意とかできるはずもないので、学生時代はパチ屋へはこの2回しか行かなかったです。

 

高校を卒業後、進学はせず、2年くらいは遊んで暮らそうと考えました。

 

今の堕落はきっとその時の甘さからだと思います。

 

働きもせず、良い金儲けなんてないかな?と毎日楽して儲けることしか頭にありませんでした。

 

悪いことはしたくないし、企業なんてもってのほか。

 

適当にバイトをして時が来れば流れに乗れると。意味の分からない自信がありました。

 

結果。やはりスロットしかないのかな。負けてもいないし。

 

とりあえず、10万円用意して、これがなくなるまで本気で取り組んでみようと考えました。

 

初めて一人でパチ屋に行き、ハナハナをやりました。

 

結果5万勝ち。

やっぱり俺プロやん?

ただ合算がいいものを打っただけでした。

 

※ちなみに15年くらいたった今現在でもハナハナは勝てると自負しています。以下からどうぞ↓↓

スロットで勝てるのか? ハナハナ編

 

その後、通い詰めるようになり、モーニングがあることを常連さんから教えてもらいました。

 

当時私の地域ではハナハナに力を入れており、打ち換え90%や、60%。

さらには時差打ちなど色々なイベントをしていました。

 

そこからは毎日朝いって、モーニングを取り切って帰る。

お客さん付きは30%くらいでしたので取り放題でした。

 

また、それ以外の設定狙いのライバルも少なく、島娘、北斗の拳、俺の空など、当時は全六発表イベもあったりと、月に平均して70万円はくらい勝っていました。

 

それを2年間続けていた私は、完全にプロと勘違いしており、車も買ったり、旅行へいったりとお金を全く残さない遊びをしていました。

 

お金を使う感覚を覚えたせいで、この年になった今も貯金という事が出来ていないです。

 

その後、4号機→5号機へ移行していく時代になるのですが、イベントの規制や、出玉の縮小により4号機の簡単に勝てたやり方では勝てなくなりました。

 

収支的にはプラス域にいましたが、浪費癖は変わらず、お金も借り入れし、気づいたときには借金が200万円になっていました。

 

このままではだめだ。いったんリセットしようと考え。

真面目に働くことにしました。その間はスロットは全くせず、たまに競馬で遊ぶ程度。

 

運がいいのか悪いのか、競馬でも100万円が当たったりしたおかげで、浪費癖を直すことはできませんでした。

 

その後は、結婚し、過去の事をリセット!

普通に会社員として過ごしています。

 

毎日、自由な時間がない。自由なお金がない。

さぁ副業だと。

 

意識を変えてスロットをやり始めはしましたが、結果浪費癖がよみがえっただけで、お金は一向にたまりません。

 

これからしっかりと自分自身を見直して取り組んでいきたいと思っています。

 

では。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント