記事を書くためにアイデアが浮かばない

ブログ運営 学んだこと

おはようございます。

 

他の人のブログ見ていても、

とりあえず記事を30個ほど書き溜めれやら、

半年間は無心に更新しまくれやら、

記事数あればPVは自然と伸びてくるやら、

 

書こうと思いつつ、愛しのThink padを膝の上に気づいたら、1時間たっています。。。

 

時間の無駄。

 

その時間が惜しい。

 

という事で、あっ。この心境を記事にしながら、打開策を書いていけばいいんだ。

 

という事で、書いていきます。

 

①何をかけばいいのか

②記事になりそうな自分の知識を洗ってみた

③いざ書こうとした

・他者と比べてしまう

・そもそも記事にするほどの事でもない

 

まぁ、こんな流れで悩むわけですよ。

 

①何を書けばいいのか

知らないよ。正解なんて。

収入を得ている人たちは正解を知っているかもしれない。

ただね。他人のためになること。とか。

あなたの当り前が他人にとっての当り前ではない。

だから発信する。

 

大正解だと思います。

 

しかし、自分を見返したときにあまりに何もない自分に気づいてしまい。

ぽつーんとしてしまうのです。

 

で、書こうとしても、リスクがあることしかおもいつかないんじゃい。そのリスクを記事にできるなら沢山あるんだが。

そもそも、それは他人のためにもならないし、自分にとってのリスクしかないから拒否やな。。。

 

②自分の得意分野を洗ってみた

とりあえず、小さな糸口でも見つけるために、自分が得意と思ったのを書こう。

・スロット(よく書いているしな~)

・保険(どこまで喋っていいかわからないから却下)

・小説(最近あまり見てないしな~)

・アニメ(クレヨンしんちゃんしか見てないしな~)

・漫画(別に記事にするようなこともないしな~)

・タバコ、酒、女(だから何だ)

・お金に関する意欲(書くことねー)

 

こんな感じでPick up。

上記をみたら、豊富やんとか。

いや、それ知っているなら強みやでやら。

私ならいける!

 

とか、あるかもしれませんが。

 

まぁ、濃い知識もあると思うが、書ける内容ではないのも多い(笑)

 

批判すること考えているのかな~。

 

③いざ書こうとした

・他者と比べてしまう

・そもそも記事にするほどの事でもない

 

書こうとしても、他の人の同じ分野のブログみて、比べて心が折れる。

 

はぁ、やっぱり私はだめだ。ブログに向いていないとか考え始める。

 

・そもそも記事にする事でもない。

 

自分の知識なんてちっぽけだし、そもそも記事に書いたとしても文量そんなにもたないなーとか、しょうもない事書いてしまうんだろうなーと悩むのです。

 

そうした結果、何時間も書けないまま無駄な時間を過ごすことに。

 

でもね、冷静に考えてみて。

 

始めたばかりの人が、検索の1ページ目に表示される記事より書ける人ばかりであれば、ブログ儲かるとか言っているのは嘘よ。

 

絶対にこれで稼いでいる人の中にも、どうしようもないことを書き綴りながら、勉強していき、良質な記事を生み出してきたんだという事を考えれば、書いてみるのも怖くない。

 

みんな同じように悩んでいるんだよ、きっと。

 

書こうとしても、やっぱりそもそも文章の書き方がわからんやら、そんなので悩むくらいなら、どうせ誰も見てないんだし。

 

書いてみる!

 

それが一番だな。と。

 

悩んで、悩んで、時間をつぶすくらいなら、雑魚記事でもいいからとりあえず数をこなしていけばよいのじゃい。

 

ブログの書き方やらマインドやら、要領やら検索しとけば、今日より明日が確実に知識はついていくわけだから。

 

知識がついてきたら、過去を見返して。

 

恥ずかしい。

 

と、思いながら消していったり、リライトすればよいのではないか。

 

そう考えよう。考えませんか?

 

雑魚記事が100個になったら、その中の記事をグループ分けやらして、同じ内容の記事は複合させてボリューミーにしていく。

 

それでいいではないか。

 

どうせ誰も見ていないのだし。

 

そう思いながら、沢山沢山時間を費やして学べばよろし。

 

今は自分にそう言い聞かせながら、頑張っていきます。

 

追伸:

教えてくれる人がいたら、教えてプリーズ(笑)

他人任せが本当は一番楽や。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント